今朝の朝日新聞(9月15日)の読書のページに

『視線:ネコライオン』が出ていました。


著者は岩合光昭氏。発行所は(株)クレヴィス。

新聞に書かれているところを書いてみます。


ネコとライオンが同じネコ科の仲間だってことは、

たいていの人が知っている。

でもよほど詳しくない限り、どこが似ていて、

どこが違っているかを具体的に説明するのは難しい。


そんなときはこの写真集を見れば一目瞭然だ。

中略

この写真集でも、

ネコとライオンが驚くほど同じ姿勢をとっている。

まさに、比較と分類の極意。

子どもを口にくわえる時も決闘のポーズも、

ジャンプの瞬間もあくびの顔も、

さらに子どもが顔をそろえるさまも、

両者は、よく似た格好で写っている。

表紙です。

(裏)

(左)全身の感覚で周囲を確かめています。藤沢市 神奈川県

(右)獲物へと導くひとつにアフリカハゲコウの動きがあります。

ンゴロンゴロ自然保護区 タンザニア

がっちゃんの得意なポーズです。庄原市 広島県

ネコのあくび。

アクビをして緊張を解こうとしています。

ンゴロンゴロ自然保護区 タンザニア

 

ライオンのあくび。

お気に入りの場所があります。金沢市 石川県


様になってますよね!朱に黒!

とても素敵な写真集ですよ!

ネコとライオンって本当に同じですね。

一度ご覧になってください。

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページ