手前:サバ白の女の子。奥:サバ白の男の子。

写真を撮ろうとするだけで、

逃げ出してしまいます。

 

この子たちは、昨年の平成25年8月産まれの猫たちです。

人間を見ると逃げます。

何故でしょう?



この子たちは、石川県内のある地域で保護されました。

平成26年3月現在でまだ生後7ヶ月です。

母猫は毎年子猫を産んで育てていました。



猫が大っ嫌いな人間によって、

棒で追いまくられ、

叩かれ、

今年の冬は水をかけられ、

雪玉を投げつけられ、

餌も貰えず・・・そんな環境で育ちました。



この8月産まれの猫たちには、

8匹の兄弟、姉妹がいたそうです。

一匹目は交通事故死。

二匹目は逃げ場のない穴に逃げ込みましたが、

入り口を石でふさがれ、多分餓死だとか・・・

更に、三匹目は

首に紐を巻かれ、ぶら下げてあったそうです。



近所の人がその惨状を見て可哀そうに思い、

紐をほどき土に埋めたそうです。

このような行為は猫が嫌いでも、

動物虐待にあたり、立派な犯罪です。

『動物の愛護及び管理に関する法律』

第六章 罰則 第四十四条

愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、

二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

また、愛護動物を遺棄した者は、

百万円以下の罰金に処する。と法律に謳われています。



残った猫は5匹です。

平成26年2月24日、

●サバ白のオス捕獲。

●キジトラのメス捕獲。

2月27日●キジ白のメス捕獲。

2月28日●サバ白のメス捕獲。

3月 1日●サバ白のメス捕獲。

なんと、猫が嫌いな地域に「オスが1匹」メスが4匹」



お腹を空かしているので早く捕獲できました。

●母猫は2月25日捕獲。既に妊娠してました。

お腹には大豆粒大の受精卵が10個ありました。

と動物病院さんから報告を受けました。

10匹も妊娠できるんですね!びっくりですよ!!



2月26日、●キジ白のオス捕獲。

多分このオス猫が父親でしょうか?

僅か、生後7ヶ月足らずで兄弟、姉妹の惨状を

目の当たりにし虐待を受けながら育った猫たち。



どうしてもこの猫たちには優しい家族のもとに

ご縁をいただき幸せになってほしいと心から願います。



3月10日で保護されてから2週間。

人間を見たら逃げます。

触ることもまだできません。

でも時間がたてば必ず人馴れしてくれます。

この子たちの状況にご理解いただき、長い目で

終生愛情をもって接してくださる方を希望いたします。

避妊・去勢手術終了。



写真はまだ2匹分だけですが、

里親募集ができるようになりましたらアップいたしますね!



どうか宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページ