きのう(平成27年1月21日)

一本の電話がかかりました。

女性の方で、用件は庭に猫が来る。

母猫と仔猫(オス×二匹)。

可哀想で餌やりしたら居ついてしまった。

(よくあるパターンですね)



近所の方が

「猫がゴミ箱を荒らす。何とかならないか?」

「殺処分は望んでいないが・・」と言われたので、

二か月前から餌やりが始まったそうです。



これ以上猫が増えても困るので、

避妊去勢手術をしようと思っている。

三島市に相談したら、

「TNRをしましょう!」

「猫が何処へも行かない様に、

餌やりをしてください。」と言われたそうです。



三島市の行政は適切な答えを出しています!

何が問題なのか再度お聞きすると、



「市にはボランティアがいて、

その方が不安になることばかり言うので、

避妊去勢手術をしようか迷っている。」

それで“HP”にTELが出ている

(石川県金沢市)私の処まで

電話がかかったと言うことです。



まず①仔猫の月齢を聞きました。

昨年の春産まれなので手術OK。

②母猫は懐いていないので、

捕獲箱を使用する。

③オスは術後、元の場所に放す。

④母猫も術後、その日の内に放しても大丈夫だが、

後日餌を食べに来るか一応確認する。



この④番目がネックになっていたようです。

三島市では、メス猫は術後

捕獲器のまま、外で保管されるそうです。



電話の女性は外は寒いしどうも・・・だそうです。

相談の結果、心が晴れたようで、

手術を受けてくださることになりました。



◎餌やりのマナーも大丈夫。

◎トイレも大丈夫。

◎ハウスも大丈夫。

◎ご近所の苦情も大丈夫。



ここからが凄い!!

三島市では、

飼い主のいない猫の避妊去勢手術費用は

“ゼロ”円です。

市が全額負担してくれます。

https://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn009483.html


HPもとても見やすいですよ!!


いいね!!三島市は、と言ったら

「だって、市長さん獣医師だもの!!」



なっとく、納得ですね!



トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページ