22日の北國新聞より・・

地元・輪島の若者たち・・・

11月21日(日曜日)石川県小松市「うらら」での

「猫のパネル」展 最終日 です。

この日は 「日本太鼓シニアコンクール」がありまして、

日本全国から多くの方たちがおいでました。

北は 北海道 から 沖縄 までです。

20日(土曜日)がリハーサル、21日が本番です。

お陰さまで多くの方々に「猫のパネル展」を見て頂く事ができました。

皆さんは このような「パネル展」は 始めて

ご覧になられたそうです。

自分の太鼓に出演されて 「ほっと」一息・・

緊張から 解き放たれて・・

素晴らしい 笑顔・・笑顔・・ がそこにあります。

控え室で 出番を待つ人・・

終わって 親戚や友人たちと 語り合う人・・

緊張 と 安堵 の人たちで ロビーを一杯にします。

2012年に 法改正 になる

『動物愛護管理法の改正を求める請願署名』

も 120名 の方に 署名していただきました。

思っても いなかったことです。

地元 石川県はもとより、

本当に 日本全国津々浦々の方々でした。

そして、さすが 太鼓打ち・・

気風がいい・・・格好いい・・・

写真も気軽に・・格好良く決まります!

そして、「心」も 優しいのです。

「パネル」をじ~と見つめるひと、

話を聞いてくださるひと、

自分でも「犬・猫」を飼っているひと。

そんな中 小松のあるテレビ局の男性と

たまたま お話しすることができ、

このパネル展を開催する意味。

現実に不幸に産まれてくる「犬・猫」の現状と殺処分!

等などを お話しいたしました。

もっと・・もっと 多くの方々に現実を知ってもらうために

「パネル展」の必要性を感じずにはいられません!!

そんな 4日間でした

 

署名活動も多くの方々が参加!

親子で・・・

話を聞いてくださいます。

本当に心良く・・・

「ね~どうして犬が死んでるの??」

お母さんは「・・・・」

カッコイイね~~

後姿も決まっているね~~

控え室・・緊張と安堵と!!!

飛龍源一郎さん・愛さん(親子??)

埼玉県 愛さん 9歳 決まってるね!

署名にも参加してくださいました。

舞台を終えて・・娘3人組み

地元 輪島の青年たち・・

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページ