3月25日に捕獲器に入った猫は妊娠していました。

お腹はすでに大きく、

お腹の子猫が動いているのが分かるくらいです。



堕胎するには忍び難く、

保護者はゲージに入れて産ます決心をされました。

母猫の腕からの血液でエイズ・白血病検査。

結果は(-)とのこと。

まずは一安心です。

(出産後の母猫です)

保護から四日目(3月28日)の夜8時頃から、

順次、三匹の「黒色子猫」が産まれました。



出産直後から、母猫は甲箱座り。

育児放棄状態。



子猫に母乳を飲ます素振りもあまり見えず、

翌3月29日に人間の手での保育に切り替えました。



子猫の体重は

「120g」と「99g」と「104g」の三匹

ちっちゃい!!

産まれてやっと一日目なんです。



無事に育ってくれることだけを祈りながら

保育をしていきます。



譲渡目標は、生後一カ月半になってから考えます。

まずは健康で大きく育てるだけですね。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページ