数限りある食べ物を、分かち合い、

助けあい、励ましあって

被災者の方々は、今を生き抜いている。

多くの方々が避難場所での生活を強いられています。

今の私にできること!

実はテレビ報道にて、

犬(ゴールデンレトリーバー)を連れて

避難所に向かうご家族を見ました。

犬の身体はとても汚れていました。

そして、避難所で雑種と思われる、横たわっている老犬を

優しく撫でていられる老婦人を見ました。

猫はまだ一匹も見ていません。

目を凝らしてみていても、猫は見えません。

人の救済が一番だと判っていても、

大勢の方々が亡くなり、

行方不明になっているときに不謹慎!と叱られるかも・・

どれだけの犬・猫たちが犠牲になっているのだろうか?

きっと探してはもらえないのだろう・・・

命は尊いといわれていても、

命に差は無いといわれても・・・

やはりあるのだろう・・・

もし、川に自分の愛する子どもが流され、

同時に愛猫も流れてきたら、

あなたはどちらの命を優先するでしょう・・

今回の震災で本当に沢山のことを考えさせられました。

いま、私にできること、

震災にあわれた方への募金をしてきました。

そして、もう一つは

犬猫たちのために同じ金額の募金をしてきました。

いま、まず行動に移せることがこれでした。

次に考えられることがあれば、また行動いたします。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページ