6月27日(月曜日)里親探し依頼の電話がかかりました。

石川県能美市の川北大橋の走行車線に

「子猫が一匹潰れ、」

もう一匹、

中央分離帯で動けなくなっていたところを保護されました。

口を切っていたので現在動物病院に入院中です。

子猫は2ヶ月半すぎの女の子で、手のひらサイズ。

キジトラです。

保護時のレントゲンでは「胃の中はカラッポ」だったので、

親とはぐれ、

クルマに潰された、もう一匹の兄弟と

 お腹を空かせてさまよっていたみたいです。

人間が何者か分からないみたいで、

とりあえず、味方と思っているみたいで撫でると

手の中で「ニャー」と鳴いています。

頭を撫でてやる里親さんを探しています。

と経緯を話してくださいました。

目の前で、兄弟がクルマに潰されるのを見て

自らも“口元”を切るケガをして

“恐怖の体験”と“空腹”に耐え切れない体験。。。

涙がでてきますよ!・・

小さな命が無残に殺され、恐怖の体験・・

これが、今の日本なんですね!

『のらねこ』と呼ばれる猫たちは

多かれ少なかれ、このような体験をしています。

どの子にも分け隔てなく、幸せになってもらいたい!

『のらねこ』たちは日本にいながら

戦場の兵士のように

「生と死」の現実の世界に放り出されています。

嫌われながらも食べ物を口にしようと必死に生きています。

『のらねこ』がこの世の中にいることは罪でしょうか?

私たちは、もっと自分の足元にいる「猫の小さな命」に

きずかなければいけないのではないでしょうか?

 

保護されたキジトラの女の子・・・心なしか寂しそうです。

優しい里親さんが一日も早くみつかりますように・・・

里親探しをしてもらえる猫は、ほんの一握りなのです。

この3匹の子猫たちにも、幸あれと願わずにはいられません!!

どうか、宜しくお願いいたします!!

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページ