10月17日(月曜日)老婦人からお電話をいただきました。

「猫を捕獲したいのだけれど

6ヶ月くらいの仔猫は1匹捕獲できた」

「市から捕獲箱を借りたけど、

とても重くて自転車に乗せて動物病院で

不妊手術してもらいました。」

「母猫を捕まえたいけどなかなか

捕獲箱にはいらなくて・・近づきもしない。」

「どうしたら良いでしょう?」との用件です。

どちらの方かお聞きすると、

静岡県静岡市の方で77歳のご婦人Fさんと言う方です。

①どのような捕獲箱を使用しているのか?

②仔猫(生後6ヶ月くらい)を捕獲できたときの状態

③どのような餌を使っているのか?などなどお聞きし、

なぜ、母猫が捕獲箱に近づかなくなったか

を説明いたしました。

「金沢市」と「静岡市」とではあまりにも遠く

取りあえず電話で

①捕獲箱に新聞を敷く、

②入り口を除いて全体をバスタオル等で覆う、

③餌にも工夫が必要等・・詳しく説明いたしました。

重たい捕獲箱を自転車で搬送・・

77歳のご婦人にはとても大変なことです。

もし、車と接触事故でもあれば大事になります。

電話を切った後も気にかかり、

もう一度ご婦人に電話を掛けて

「ネットで静岡県の団体を探して

協力してくれる方を探してみますね!」と話し

「全国助成金リスト」から

http://joseikin4catdog.ho-zuki.com/

静岡県浜松市の『捨て犬!捨て猫!ゼロの会』

http://zero2007.hamazo.tv/c518030.html

を見つけました。

電話番号が出ていたので

今回の用件をお話いたしましたところ快く

「分かりました!私たちのネットワークで

協力してくれる方と連絡を取ります。」

お名前を聞かせていただきましたら、

ゼロの会の理事=新見さんといわれる

とても利発な女性でした。

金沢からの厚かましい用件にも関わらず

19日(水曜日)お電話を頂きまして、

「Fさんの借りた捕獲箱は

いのしし等を捕獲するものでとても重いものだった。

不妊手術料金も高いので

別の動物病院をお教えいたしました。」と、

とても嬉しい報告を受けました。

77歳の Fさん のお陰で

静岡県の愛護団体さんと交流を持つことができました。

Fさん、猫さん有難う!!

『捨て犬!捨て猫!ゼロの会』の新見さん。

スタッフの皆さん感謝いたします!

これからもお互いネットワークで

繋がりあいましょう!宜しくお願いいたします!!

 

 

   

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ページ