12月1日の新聞「北窓」に小さくこんな記事がでていました。

◇30日午後2時50分ごろ、

小松市今江町3丁目でネコが側溝に落ちていくのを見たと、

通行人から同市消防本部に通報があった。

◇動物の救助は業務に当たらないため、

隊員5人がボランティアで対応。約30分後、

溝の中を逃げ惑うネコを保護した=写真。

◇ネコは体長25㌢ほどで、生後約1ヶ月とみられる。

泥だらけになった迷いネコは、

心優しい通報者に引き取られたという。

この記事を読んだとき心温まる隊員さんの行為と

愛おしそうに抱きしめる姿に

「良かった!この世にご縁があったね、仔猫ちゃん。」と嬉しくなりました。

それから、一週間後(12月7日)の「地鳴り」に

『子猫を助けてくれた人にお礼』と書かれています。

(小松市の主婦)48歳。

11月30日に子猫の救助で、翌日の本誌「北窓」に

載せていただいた耳の不自由な者です。

本来なら、消防署の仕事は火事や人を助ける仕事なのに、

ボランティアで隊員の方が、一生懸命に探していただき、

ありがとうございました。

たかが、子猫といえ、動物の命も人間と同じですから・・・。

とても、うれしく、心温まる日でもあり、

忘れることができません。

また、私が、耳が不自由なために、

電話ができないので、代わりに電話していただいた人と

小松市消防本部南消防署の副所長さん、

隊員の5人の方にお礼の言葉を申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

    

 

 

  

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページ