なかなかブログに向かう時間がなくとうとう30日、晦日となってしまいました。

読んでくださった方々に御礼を申し上げます。

色んな方々が書いているブログを拝見し頭が下がる思いです。

2011年・・・本当に私自身のことも含め多くの事がありすぎました。

2012年は良い年となるよう祈るばかりです。

新聞に出ていた記事を書きます。

 

★小松市の10歳の小学生・・・です。

 

「ぼくは、道路をわたろうとした子ねこが車にひかれて死んでしまうのをみました。
しばらくピクピクしていたけどそのうち動かなくなってしまいました。

 

車の人はねこをひいたことに気づいたけど、そのまま行ってしまいました。

ぼくはとてもかなしかったです。

ぼくが思ったことは、ひいてしまった人はどう思っているのか。

 

子ねこは何をしようとしていたのか。

お母さんねこが心配しているんじゃないかということです。

一番気になるのはお母さんねこが何も知らないでずっと子ねこをさがすことです。

 

ぼくは交通事故にあわないように気をつけようと思いました。」・・・

 

このあと10日後にこの記事を読んだ金沢市の63歳の女性が

『印象に残る仲間見送るネコの姿』を書かれました。

★「16日の本欄で子ネコの交通事故を見て小学生の感想がありました。

 

以前、私は仕事を終えて深夜に帰宅途中、道路上でやはりひき逃げされた大きなネコがいました。

驚いたのはどこから現れたのか、多くのネコが

亡がらの方に向かって道路を挟んで同じ姿勢で整列していることでした。

 

初めて目にする異様な光景は職場近くの家路まで約100㍍続いていたのです。

仲間であの世へ送っている姿は印象的であり、初めて知るネコの世界を垣間見たのです。

 

小学生の方は子ネコをみとってあげたのですね。

人間には理解しがたい動物の世界があります。

心配ありません。

お母さんネコは子ネコの死をすぐ知ることができたと思います。

優しい思いの子に見送られてその子ネコは幸せでした。」

 

外で生きていく野良猫の厳しい現実。

平成13年度に東京都が提唱した『飼い主のいない猫との共生モデルプラン』に取り組み

その後区独自事業として地域猫対策を進める。

 

平成19年度に『新宿区人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会』の立ち上げる・・・

 

これらのことが今、日本の自治体に少しづつ広がってきているようです。

私たちは、石川県も金沢市も一日も早くと願っていますが、

現実はなかなか動きが見られません。

 

いま出来る事を少しづつ・・2012年に繋げていきたいと思っております。

 

応援宜しくお願いいたします。

ブログ更新は思うように書いてはいませんが、

皆様方、良い新年をお迎えくださいますようお祈り致しております。

 

 

     

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページ