1月に入り直ぐ「5匹の仔猫の里親さんを探してほしい」と電話を受けました。

例年は3月に入ってからボチボチと里親探しの依頼を受けますが、今年は早いですね。

 

聞きますと、奥様がロシアの方、ご主人が日本人でN市に住んでおられるとか。

お話では、「昨年(23年)10月13日に田んぼに固まって捨てられていた。」

「まだ、目も開いていなくて、ミルクやウンチ、オシッコのお世話をした。」

「多分10月7日に産まれたのかも。」

「5匹は大変だった。」

 

近所のお婆さんが、「猫は保健所へ持っていけばいい。」

「あの人は頭がおかしいんじゃないの。」と、日本人として恥ずかしかったですよ!

  

5匹の仔猫は怒られるときはロシア語で。

日本語とロシア語の両方が分かる仔猫たちです。

オスが4匹。メスが1匹。お名前もさすがにロシア人ですね!

「アンドレイ」

「アルチョン」

「ザハル」

「アンジェリカ」

「グレープ」の5匹です

日本人の私にはどの仔が、どの仔か?分かりませんでしたよ!

 

1月13日にブログアップ。今までの経験から、女の子は早い!

やっぱり!「アンジェリカ」キジトラのメスが決まりました。

1月19日に加賀市までお届け。先住猫ちゃんのいる方です。

丁度、アメブロをされており、情報はブログで拝見できます。

 http://ameblo.jp/oroshitonkatu1217/entry-11147890764.html

お名前はしっかりと和名で「小梅」ちゃんと決まりました。

 

1月21日は2匹のお届けです。

 能美市=「ザハル」黒白君。白山市=「アルチョン」キジ白のソックス。

お名前は「ザハル」=裕くん」

「アルチョン=SORA・そら君」と決まりましたよ。

 

2月1日富山県砺波市にお届け。

キジトラのしっぽロングの「アンドレイ」君お名前は「風」ちゃんに。

 

そして、昨日(5日)に電話がかかりお見合い、

とても気に入られた「グレープ」君。

キジトラのしっぽ短い仔猫です。

家族も3世帯の大人数のほのぼのとしたご家族です。

お名前は何と名付けられるかな?楽しみです。

5匹とも、とても可愛くて綺麗な猫ちゃんたちでしたよ!

ロシヤ人の奥様いわく。

「早かった!」

「1匹づつ、貰われて行き、寂しい。」

「息子がまた、部屋でこっそり泣く。」

「お世話になりました。」

僅か、1ヶ月弱で皆、幸せなご家族の元に貰われ、こんな嬉しいことはありません!

 

野良猫たちにとっては、まだまだ厳しい日本の社会環境!

 

「猫は保健所へ。」

 

この様な社会の環境を変えなければなりません。

 

動愛法の(基本原則)2条

「動物が命あるものであること」

「人と動物との共生」が謳われています。

 

    

 

  

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページ